わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★感謝を忘れない

あなたの神、主が与えられる土地から取れるあらゆる地の実りの初物を取って籠(かご)に入れ、あなたの神、主がその名を置くために選ばれる場所に行きなさい。

(申命記26:2)

イスラエルの民が、神が約束された地に住まうようになり、そこで得る収穫によって生きるようになること、それはすなわち神さまの特別な祝福でした。 当り前のことではありません。

それゆえ、地から得られる初物をもって主が選ばれたところでささげることは、すべてをくださった神を忘れないために、とても大切なことでした。

しかしこの後、イスラエルの民は時を経て、神さまから離れて行き、罪と呪いの中に巻き取られていきます。
それは、彼らが感謝を忘れ、神を忘れてしまい、自分の力と手に取りやすい偶像に心を向けていったからです。

わたしたちも今、神さまに生かされている。救われている。愛されている。いのちの希望を与えられている。
そのすべてのことは当たり前のことではありません。

それは、神のひとり子イエス・キリストの十字架を通して証しされています。

ふさわしい感謝と礼拝を、神さまにささげることで神さまの守りと祝福の中に人生と家族を置くことで神の恵みの中にとどまり続けましょう。

  • 祈り 主なる神さま、あなたがくださるすべての恵み、ゆるし、と日々の糧、いのちの喜び、すべて神さまがくださったものであることを感謝します。今日さらに、あなたのなさることに気づき、そしてふさわしい感謝をささげる者としてください。
PAGE TOP