わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★心の驕(おご)りに気づくとき

破滅に先立つのは心の驕(おご)り。名誉に先立つのは謙遜。(箴言18:12)


GUM11_CL08040.png

この言葉では、地位のある人の浮き沈みの姿を思い浮かべます。

ただ必ずしもそうではなく、”心のおごり”というものは、しばしば私たちの心や言動をも傲慢なものにしかねません。そして気づかないでいることがある。

聖書は、わたしたちが神さまとの関係の中で、そしてほかの人との関係の中で”謙遜”であることの大切さを説きます。

へりくだることで、自分ばかりではなく、ほかの人の中に、神さまがなしておられるすばらしい御業に心を向けることができます。そして自分もまたその恩恵にあずかっていることに気づかされるのです。

わたしは常々、人に祈っていただくことや、証しをもって神さまに栄光を帰することの大切さをお伝えします。神さまは、人を通しても私たちに祝福をお与えくださいます。
わたしたちが、神と人との前でのへりくだりを忘れないためです。

  • 祈り 神さま、あなたがわたしの人生に、さまざまな出会いと信仰の友を与えてくださっていることを、心から感謝します。わたしたちはお互いに欠点もありますが、祈り合い助け合うことで、神さまの祝福を共有できるのですから、感謝です。どうか、わたしの中に心のおごりが生まれそうなときには、気づきとへりくだりを与えてください。

タイトルとURLをコピーしました