わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★事情は大きく変わります

「…さあ、行くがよい。このわたしがあなたの口と共にあって、あなたが語るべきことを教えよう」。
(出エジプト記4:12)


GUM08_CL03272.png

 「口下手である」ことを理由に、神さまの召しを断ろうとしたモーセに対して、神さまは、自分が共にいるから大丈夫だと諭します。
 
 私たちはどうしても、自分を見て、自分を評価して物事への態度を考えます。

 しかし、神がわたしたちを召してくださるのであれば、事情は完全に変わるのです。
 それが信仰の歩みです。
 
 神さまがわたしたちと共にいて、わたしたちを用い、その御心のままに御業をなさるからです。
 それは、自分への評価を超えた、はるかに大きな力が伴うということです。
  
 ですから、神さまの導きを求め、その導きの中で生きることこそが大切です。
 神さまのみ声に従って生きることが、大切なのです。
 

  • 祈り 主よ、あなたの御声と導きを聞かせてください。またわたしがどんな現場に遣わされようと、あなたが共にいてくださる確信を手ばなさないように、導いてください。あなたが共にいてくださることがどれほど心強いか。喜んであなたと共に歩みます。 

タイトルとURLをコピーしました