わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★「信仰による生きざま」をモデルとして

信仰の導き手であり、またその完成者であるイエスを仰ぎ見つつ、走ろうではないか。彼は、自分の前におかれている喜びのゆえに、恥をもいとわないで十字架を忍び、神の御座の右に座するに至ったのである。
(ヘブル人への手紙 12:2)


WALK1.png

キリストは人となられて、この世での過酷な現実の中を誠実に生き抜かれました。その生きざまはあの十字架の苦しみの中でも表れています。

それは「信仰による生きざま」であったと聖書は証言します。

どんな辱めやどんな苦しみの中でも、父なる神の真実を一心に見つめ生き抜く。その眼差しの中には私たちへの愛があったことも忘れてはなりません。

キリストは、私たちの救いをビジョンにもち、苦しみを受けてくださいました。そこで信仰と希望と愛を証ししたのです。

では私たちの生きざまを決めるものは何でしょうか?

イエス・キリストをわたしたちのモデルとし、今日の信仰生活を誠実に歩むことができれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました